おおよその目安としての費用をお示しいたします。
不安をかきたてる「要精密検査」との結果報告書。
「要精密検査」について述べてみようと思います。
身近な人の乳癌。
私の危険は?
今の検診でいいの?
予防は?
などについて述べていきたいと思います。
費用について
なんらかの症状がある方(痛みやしこり、乳房の張りなど)
症状のある方は保険での診療となります。

症状があって初めて来院し、マンモグラフィと超音波検査を受けるのが
最も多いパターンです。この場合

3割負担の方で 3,550円程度のお支払いとなります。
(1割負担の場合は1,180円程度)

この時に異常が見つかり病理検査(細胞診や針生検)が加わわった場合は
プラス1,000円〜4,000円程度となります。

診療内容、保険の種類などで費用が変わることがございますのでご注意ください。

まったく症状がない方の場合
検診もしくはドックでの診察となります。

検診は、横浜市在住の40歳以上の方が対象となります(2年に1度受ける事ができます)。
視触診+マンモグラフィにて1,370円です。

ドックは完全に自費となってしまいます。当院では以下のように設定しています。

マンモグラフィ+乳房超音波+視触診   13,000円
マンモグラフィ+視触診   8,000円
乳房超音波+視触診   8,000円
マンモグラフィ+乳房超音波    10,000円